キリストの地上生涯

最後の晩餐と神の国の過ぎ越し:ぶどう酒に啓示された神の救済計画

最後の晩餐で弟子たちが飲んだぶどう酒は、世の終わりの神の怒りを過ぎ越すためのキリストの血を表す「贖いの杯」です。主は婚約の方法で弟子たちと新しい契約を結ばれ、ご自分は神の怒りのぶどう酒を飲んで十字架で死なれました。神の国の祝宴で花嫁と賛美の杯を飲むためです。
キリストの地上生涯

過ぎ越しの祭りに啓示され、最後の晩餐と十字架で実現した贖い

出エジプトで家に塗られた子羊の血は十字架で流されたイエス様の血を、焼いた羊肉はイエス様の裂かれた肉を予表しています。最後の晩餐の種なしパンとぶどう酒はキリストの肉と血の象徴です。主は神の子羊として、世の終わりの過ぎ越しのために死なれました。
祈り

 エルサレムの平和:神のヴィジョン実現のための祈り

「エルサレム」には、神がご計画された全ての良い物、あらゆる祝福が完全に実現するという意味があります。エルサレムの平和を祈るとは、神のそのご計画とヴィジョンの成就を祈ることです。それは永遠のパラダイス、新しいエルサレムで実現します。
福音と人類救済計画

新しいひとりの人:クリスチャンとイスラエルの救いの完成

イスラエルの不従順は異邦人を救うための神のご計画です。イスラエルの救いが完成すると、神の人類救済計画も完了します。教会とイスラエルはキリストにあって同じ神の国の国民としてともに完成し、新しいひとりの人として永遠の御国を受け継ぎます。
終末論

「携挙」についてのイエス様の教えを旧約預言から解き明かす

御使いを遣わして天の果て、地の果てから選びの民を集めるというイエス様の教えを、旧約預言と合わせて解き明かします。それはイスラエル民族に与えられた約束であり、クリスチャンが彼らより先に完成して大艱難前に携挙されるという意味ではありません。
終末論

ヨエルの終末預言②――裁きと救いと永遠の希望

イスラエルの悔い改めの祈りを聞かれた主は、ヨエルを通して、イスラエルの最終的救い、神の民の霊的回復、シオンでの祝福、神と共に住む永遠の御国を約束されました。ヨエル書を他の預言書と合わせて、終末の出来事と神の永遠のご計画について学びます。
終末論

ヨエルの終末預言①――主の日の警告:いなごと軍隊の侵攻

預言者ヨエルは、主の日(神の審判がなされる日、全能者による破壊の日)について3段階の預言をしています。いなご、大国の軍隊、主が率いる恐るべき大軍勢です。それは人類史上かつてなかった災いの日、私たちの世代が知るべき終末のの裁きの日です。
福音と人類救済計画

十字架を予表する旧約聖書の贖い:血を流すことによる罪の赦し

神は人が罪を犯した時すでに、身代わりのいのち(血)を捧げることによる罪の贖いを開始され、十字架に至る救いの計画を漸進的に進めてこられました。メシアの血による完全な赦しと救いは、旧約時代の義人たちの生涯に啓示されていました。
キリストの地上生涯

キリストの受難と過越の祭り:新しい過ぎ越しを実現する受難週の出来事

イエス様最後の1週間の出来事を種なしパンの祭りと比較します。イエス様は、罪人が世の終わりの神の怒りと裁きを免れ、神の国に入ることができるように、罪を取り除く「神の子羊」として屠られ、全人類のために新しい過ぎ越しを実現してくださいました。
クリスチャンの成長

自分を献げたイサクの信仰:よみがえりのいのちに生きる

アブラハムのイサク奉献は、人類を罪から贖うために父なる神が御子イエスを捧げたことを予表しています。自分を全焼の生贄として捧げたイサクは、贖いの小羊として十字架で死なれた御子のひな型です。イサクは諸国民の祝福のために自ら死を選び取ったのです。